脂肪の悩みは脂肪吸引で除去|失敗しないための病院選び

安全な上に高い効果が

腕

血管や神経への影響

脂肪吸引は手術の一種ですから、当然医療行為となります。そのため人体に関する知識と高い専門技術とを有した医師が施術することになるのですが、だからといって失敗のリスクがないわけではありません。たとえば脂肪組織に血管や神経が複雑に絡みついている人の場合、脂肪吸引によってそれらにある程度のダメージが与えられることもあるのです。しかしそういった失敗を防ぐために、昨今ではより安全性の高い脂肪吸引がおこなわれるようになっています。具体的には、脂肪組織をあらかじめ血管や神経と分離した上で、吸引するという方法でおこなわれているのです。分離には水流や超音波が使われることが多いのですが、どちらも低刺激なので体への害はありません。なおかつ分離により、血管や神経への悪影響を気にせず、大量に脂肪を吸引することができるようになります。つまり安全な上に、高い効果も期待できるというわけです。

脂肪を溶かすベイザー波

超音波の中でも、昨今において特に注目されているのは、ベイザー波です。ベイザー波とは、気泡を作るタイプの超音波です。キャビテーションという痩身術がありますが、これは超音波で脂肪の層の中に気泡を作り、その気泡がはじける衝撃で脂肪を粉砕するというものです。ベイザー波もこれと同じ原理で、脂肪を血管や神経と分離させることができるのです。また脂肪吸引では、脂肪がなくなることで体にくぼみができるという失敗が起こることもあるのですが、その失敗も、ベイザー波による脂肪吸引では防がれやすくなります。脂肪が粉砕されているわけですから、一箇所から吸引すると、砂場で穴を掘った時のように、周辺の脂肪がそのくぼみに入り込むのです。このように2種類の失敗を防止できるため、ベイザー波は今後一層使用されることになると考えられています。